リセールバリューが高いSUVは『ランクル』と『ハリアー』

トヨタ・ランドクルーザー

 

様々なタイプの車がある中で、もっともリセールバリューが高いのがSUVです。

 

SUVの中でも、長年にわたって高いリセールバリューを続けているのが、『トヨタ・ランドクルーザー』をはじめとする、本格的なクロスカントリーモデルです。

 

最近では『トヨタ・ハリアー』など、街乗りをメインとしたクロスオーバーSUVの世界的な人気も高まっています。

 

SUVのリセールバリューの高さは、国内での人気はもちろん、海外からの需要に支えられている部分が大きいのが特徴です。

 

新車・中古車価格が高いというデメリットはあるものの、買取相場が下がらないので高く売れるというメリットがあるのです。

 

リセールバリューの高い車種

SUVは大きく2つの種類に分けられます。

 

悪路走行を前提に設計された『クロスカントリー車(クロカン)』。乗用車をベースに快適性を高めた『クロスオーバーSUV』です。

 

リセールバリューが高いクロスカントリー車

  • トヨタ・ランドクルーザー シリーズ
  • トヨタ・ランドクルーザー プラド
  • トヨタ・FJクルーザー
  • トヨタ・ハイラックスサーフ
  • 三菱・パジェロ
  • スズキ・ジムニー
  • メルセデス・ベンツ・Gクラス
  • ジープ・ラングラー
クロスカントリー車の特徴
  • 四輪駆動
  • ラダーフレーム構造
  • 故障しにくい(修理しやすい)

 

リセールバリューの高いクロスオーバーSUV

  • レクサス・RX、NX
  • トヨタ・ハリアー
  • トヨタ・CH-R
  • ホンダ・ヴェゼル
  • マツダ・CX-5
  • 三菱・デリカ D:5
クロスオーバーSUVの特徴
  • 二輪駆動
  • 乗り心地が良い
  • 燃費が良い
  • 維持費が安い

SUVはなぜリセールバリューが高いのか

世界中から必要とされるクロスカントリー車

トヨタ・FJクルーザー

 

SUVのリセールバリューが高い理由。それは“SUVでなければならない”というユーザーが世界中にいることです。

 

つまり、クロスカントリー車(オフロード車)が生活するために欠かせないという需要です。

 

クロスカントリー車は、砂漠、林道、沼地、未舗装路など悪路を走行するための、走行性能と信頼性の高さがもっとも重視されます。

 

クロスカントリー車は流行に左右されることがありません。

 

低走行の車両はおもに国内。また古くなっても、走行距離が多くても、海外に輸出できるために、価値が下がりにくいのです。

 

クロスオーバーSUVは価格変動リスクあり

トヨタ・ハリアー

 

リセールバリューが高いもう1つの理由は、世界的なクロスオーバーSUVブームです。

 

とくに比較的高級なモデルが人気を集めており、クロスオーバーSUVは快適性や維持のしやすさが重視されます。

 

クロスオーバーSUVはおもに国内の需要が支えており、一部のモデルは海外向けに輸出されていきます。

 

そのため、新型車や走行距離が少ない車両のリセールバリューが高めです。

 

つまり、買取相場は流行りに左右される面が大きく、輸出の規制や流行の影響など、いつ買取相場が下がってもおかしくはありません。

 

クロスオーバーSUVをリセールバリュー重視で買うなら、購入後も定期的な買取相場のチェックが必要になるでしょう。

SUVを買うメリットとデメリット

SUVを買うデメリット

  • 価格が高い
  • 維持費が高い
  • 取り回しが悪い

 

SUVのデメリットは新車・中古車ともに価格帯が高いモデルが多いことです。

 

とくにクロスカントリー車となると、維持費もそれなりにかかることを考えておく必要があります。

 

SUVを買うメリット

  • 買取価格が高い
  • リセールバリューが高い

 

SUVを買うメリットは、車体価格や維持費の高さを含めて考えても、それを上回るリセールバリューの高さがあることです。

 

ハイブリッドカーや電気自動車などのエコカーを買うよりもっぽどお得なのです。

 

趣味や実用を重視してクロスカントリー車に長く乗り続けるのも良いですし、流行りのクロスオーバーSUVの新車を2~3年ごとに買い替えることだってできます。(実際にそういう人が沢山います。)

 

リセールバリューが高い車が欲しい。でもセダンやミニバンではなく「デザインが格好良くて、性能の高い新型車に乗りたい」こんなかたにこそ、じつはSUVがピッタリなのです。

【まとめ】SUVはエコカーよりお得な車です。

ジープ・ラングラー

 

  • SUVのリセールバリューNo.1はランドクルーザー・シリーズ。
  • クロスカントリー車は買取価格が高値安定。
  • クロスオーバーSUVは価値大幅下落のリスクもあり。

 

燃費などの維持費を重視した結果、軽自動車やコンパクトカーで我慢し、結果的に損をしている人がいます。

 

その一方で、最新のSUVを新車で購入し、短期間で買い替えしながら、大きな得をしている人がいます。

 

“SUVのリセールバリューが高いことを知るか知らないか”たったこれだけの違いで大きな差がうまれるのです。

 

SUVは新車と中古車の価格差が小さいため新車で買っても損がありません。

 

もし中古車で買うなら、中古車販売店はオススメできません。経費などが上乗せされ総額が新車価格よりも高くなる場合があるからです。

 

SUVの中古車を安く買いたいなら、無料の中古車探しサービスを使って、全国のオークション会場から探すのが一番効率的な方法です。