車種別リセールバリュー記事一覧

ミニバンやクロスオーバーSUVの人気に押されて、不人気となっているセダンにあって、意外なモデルが高リセールバリューを維持しています。それがトヨタ・プレミオ、アリオンの姉妹モデルです。一般的に車は“購入した瞬間に価値の約3割が失われる”と言われています。例えば、新車を200万円で購入しすぐに買取店に持ち込んで査定をすると、140万円でしか買い取ってもらえません。しかしプレミオの場合は、購入した価格よ...

様々なタイプの車がある中で、もっともリセールバリューが高いのがSUVです。SUVの中でも、長年にわたって高いリセールバリューを続けているのが、『トヨタ・ランドクルーザー』をはじめとする、本格的なクロスカントリーモデルです。最近では『トヨタ・ハリアー』など、街乗りをメインとしたクロスオーバーSUVの世界的な人気も高まっています。SUVのリセールバリューの高さは、国内での人気はもちろん、海外からの需要...

国内の新車販売で一番苦戦しているモデル。それがスポーツカーです。ではスポーツカーは高く売れないのでしょうか?じつは今、中古車市場でスポーツカーは大人気で高価買取されているのです。最新の新車販売台数のランキングでも、上位はハイブリッドカーや軽自動車、ミニバン、SUVが上位を独占し、スポーツカーは上位30位にも入っていません。快適性や経済性に優れるエコカーが支持されている昨今、スポーツカーは不人気で見...

今もっともリセールバリューが高いタイプの車。それがミニバンです。新車で購入して最初の車検(3年目)までに、新車価格の70%前後の価値が残っていれば、かなり優秀なリセールバリューといえます。しかしミニバンの場合、残価率70%どころか100%という車種も存在するから驚きです。つまり、新車を購入して3年間乗っても買った時と同等の買取価格で売れるので、3年間無料(維持費等は含めず)で高級ミニバンに乗れてし...

軽自動車はいつの時代も中古車需要の高い車です。低価格(最近はそうでもなくなってきましたが・・・)、低燃費、ローコスト、高速料金が安いなどのたくさんのメリットがあり、ボディが小さいこととエンジンパワーが低いことを我慢すれば最高の車といえるでしょう。特に最近はいろいろな方向性を持つ軽自動車が続々と発売されていることもあって、一昔前のように軽自動車といえば安くて燃費が良いだけであって、狭くても使い物にな...