買取店の口コミや評判をあてにしない

車を高く売却するには買取店選びが重要ですが、インターネットなどを使って買取を行った方のレビューや実体験などを探して夢中になって読むこともあると思います。

 

しかし、ネット上に書き込まれている内容は、あくまでもその方個人の考え方でもありますし、その意見がすべての方に通用するとは言えません。

 

どこそこの買取店は他の買取店より30万円も高く買い取ってくれましたとか、査定額の内訳を詳しく教えてくれましたなどのどちらかというとその店舗のプラスとなる意見は、サクラ的なものが多く存在する傾向にあります。

 

それから逆に特定の買取店をボロクソにののしるような意見も鵜呑みにはできません。これもライバル店などが仕込んで作られた意見の可能性もあり、ある意味「情報戦」といった状態になっています。

 

こういった実際に売る前の情報に気を付けるのと同時に、実際に買取店に足を運んだ時の査定士や営業マンの言葉にも注意が必要です。

 

例えば、売却によって税金の還付を受けられる場合では、正しくは査定額とその税金の戻り分を別にして考え、金額も査定金額だけを伝えるべきなのに、ひどいところではその税金の戻り分も査定金額に加えてしまい、ライバル店より高い査定額を出したように見せかけるケースもあります。

 

だいたいそういう時は査定額自体はライバル店の方が高く、還付される税金を上乗せしたことでそのライバル店より高くなるといった微妙な査定額になっていることが多いようです。

 

こうならないために契約書に印鑑を押す前にもう一度、明細を確認しておく必要があるでしょう。買取というのは売買契約書に記入し、印鑑を押す前まではいつでもやめることができます。

 

間違った情報や買取店の巧みな言葉に騙されないように冷静に考え、少しでもおかしいと思ったらその店舗で売却するのは取りやめた方がいいでしょう。